警備業務

警備業務とは

  ビルは、それ自体が貴重な財産であるとともに、人命や情報、機材、資源等を保管する器でもあります。公共性が高まれば高まるほど、毎日、色々な人々がビルを訪れては去っていきます。

  建物特性、用途により、警備への要求は千差万別。不審者や犯罪者、火事や事故等からビルを守り、そこで働く人や訪問者に安心と快適さをもたらすのが、警備保安という分野です。 このビルの警備保安は、誰にでもできるというものではありません。一人一人の心がけもさることながら、厳重な資格審査と能力試験、実践的な教育や訓繚を受けた優秀な人材がいてこそ、ビル管理のための防災・防犯システムが機能的に働くのです。

  人・財産を守るため、教育された経験豊富な人材を配置し、的確な判断と迅速な対応を行い、また、先端技術を駆使したシステムを取り入れ、皆様の日々の生活に「安全と安心」を提供致します。
 当組合では。そのための情報交換や教育をおこたる事なく、施設の保全、火災、盗難、事故などの予防と発見に努めてまいります。(警備員心得を見る)

 

マニュアルに沿って、定期的な教育・訓練の実施!

     

   警備教育マニュアルを作成し、定められたクオリティレベルを達成いたします。
  また、業務の評価方法・評価基準を定めたインスペクションシートを作成し、警備
  保安業務に携わる全ての職員に対して資質の管理を行います。

1.施設常駐警備

   ビル・官公庁機関・学校・金融機関や民間の商業施
  設・企業など、敷地や建物の警備をおこなう業務です。
  防災機器の監視・巡回業務、出入管理をはじめ、鍵管
  理・郵便小包受領や各種案内、また、非常時の対応な
  ど、その業務は多岐にわたります。

 ・人による建物内外の巡回/巡視
 ・出入者のチェック
 ・鍵鍵(セキュリティーカード)管理業務
 ・防犯監視/巡視業務
 ・入退出管理業務(受付業務)
 ・自動火災報知設備の監視
 ・緊急事態発生時の処理
 ・管理立会業務

0401

   施設警備では、事件、事故を未然に防ぐために、資格や経験を積んだ警備員が必要で
   す。当組合では、様々な訓練を受けた有資格者の警備員のみを派遣しております。

2.巡回警備

      ビル・マンション・工場・倉庫・民間の商業施設など
   の安全確認・監視など、警備員による見回り巡回を行い
   ます。スタッフが24時間常駐する場合や、夜間の無人時
   のみ巡回する場合など、契約内容はさまざまです。巡回
   警備は、犯罪の抑止効果としても重要視されています。
 ・万引き被害抑止業務
 ・振り込め詐欺対策支援
 ・街頭犯罪被害防止対策業務
 ・不審者の取締り
 ・不法駐車の取締り

0402

     当組合では、警備内容や警備ルート、時間帯等を含め、お客様のさまざまなご要望
    に応じた最適な警備をご提案します。

3.駐車場管理

  駐車場での出入り車両の記録や適切な誘導を行い、気
   持ちよくビルや駐車場をご利用できるよう、笑顔と真心
   で対処いたします。
 ・出入車両の記録・駐車の整理
 ・機械駐車場の機器操作
 ・駐車場内の事故処理
 ・有料駐車場の徴収業務
  (料金徴収に付帯する現金・回数券等の保管・納入)
 ・不法駐車の取締り

0403

     警備員らしい、気持ちの良い態度で対応することにより、相手の信頼を得ることがで
    きます。当組合では、接遇マナーを研修の一環として採りえています。

4.イベントスポット警備

     イベント警備とは、博覧会や初詣・コンサート・競技場・花火大会など、不特定多数
   の公衆を対象に、事件・事故の未然防止や安全の維持を目的とした、別名雑踏警備と
   呼ばれている業務です。
 イベント警備の基本は、不特定多数の人々が安心して行動できるような環境の整備と
   維持ですが、同時に群衆に対し、不快感や威圧感を与えないようにすることが重要で
   す。

 ・掲揚及び降納
 ・防火扉・排煙口等の定期検査
 ・各出入口の開閉   ・指示による特別警戒
 ・不用品・可燃物・薬品 ・油脂等の廃品処理状況点検
 ・非常事態発生警戒  ・火災発生時の通報・消火作業
 ・避難・誘導通路の障害物排除
 ・点検事項管理図の作成
0404

    当組合では、「警備業界は礼節」と考えており、正しく丁寧な言葉遣いを業務の基本
 
としています。イベント警備での予想されるアクシデントとしては、
 ・博覧会開催に関する妨害展示物やパビリオンへの加害行為
 ・刑事犯罪(窃盗、放火、脅迫電話など)
 ・自然災害(地震、台風)
 ・上記の二次災害(火災、爆発、パニック、暴動など)・迷子・遺失物などです。

  知ってる?        ■ 警備の仕事にはどのようなものがありますか?


 

警 備 員 心 得

1 信頼される警備
  警備業務の基盤をなすものは、「信頼される警備」にある。警備員は自分の業務が事故の防止に役立ち、ひいては社会の安全に寄与していることを誇りとし、誠実に業務を遂行しなければならない。

2 人権の尊重
 
 業務の実施に当たっては、憲法に保証されている基本的人権を尊重し、いかなる人に対しても人権の侵害、名誉の毀損がないよう心掛けなければならない。

3 厳正な服務
  端正な服装、礼儀正しい言動、親切な対応で業務を行うとともに、警備業法その他の法令、就業規則等を守り、職務上の命令には忠実に従わなければならない。

4 心身の鍛錬
  警備員としての心身の鍛錬(たんれん)に努めなければならないがそのためには、常に立派な社会人としての人格の陶冶(とうや)を心掛け、自ら健康に気をつけ、積極的に精神と身体の鍛錬に努力しなければならない。

5 機敏な措置
  盗難等の事故があったときは、沈着冷静、しかも機敏に行動して措置に当たり、また、定められた緊急連絡先に速やかに報告・連絡して、必要な指示を受けなければならない。

6 秘密の保持

  業務に関して知り得た秘密は、みだりに他人に漏らしてはならない。退職後といえども同様である。

7 責任ある行動
  契約先が建物の鍵を預けるのは、契約に基づく、警備員一人ひとりの業務の確実な実施があるからである。間違っても、誘惑に負けるようなことがあってはならない。また、契約先内にある紙切れ一つであっても、無断で借用したならば盗みと同じことになる。

((社)全国警備業協会編集・発行「警備員必携」より)

     

   全協ビル管理連合協同組合は、
中小企業等協同組合法による事業協同組合です。

「中小企業等協同組合法第3条第1号」の事業協同組合として、昭和63年1月6日埼玉県知事の認可を受けて設立しました。

官公需確保法による官公需適格組合です。