産業廃棄物の種類とは?

  産業廃棄物とはどういうものなのか、普段の生活を送る上であまり身近に感じないという人は多いのではないでしょうか。何となく怖いと感じていたり、ニュースで不法投棄問題などを見ることはあるけれど具体的にはよく判らないという人もいらっしゃるでしょう。

 それでは「産業廃棄物」とは一体どういうものなのでしょうか。

産業廃棄物とは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(通称 廃棄物処理法。以下「法」という。)に定められた21種類の廃棄物をいいます。

一般的には、会社や工場、建設業など全ての業種での事業活動によって生じる廃棄物のことをいいます。毎日の食卓に上る食料品が加工されるときや普段着ている衣類が作られるとき、家電製品や乗用車が製造されるときなどに出る廃棄物、病院で出る使用済みの注射針、住宅を解体した後に出た廃材。これらは全て産業廃棄物です。

つまり産業廃棄物とは、もともとは私たちのとても身近にあるものに深く関わっているものだった、ということになるわけです。(産業廃棄物の種類)

 なお、産業廃棄物中でも特に環境や人体への影響の可能性が顕著なものは、さらに産業廃棄物とは区別され「特別管理産業廃棄物」と呼ばれています。

 


産業廃棄物の種類とは?

 産業廃棄物は、事業活動によって出た不要物を指しますが、その種類には様々なものがあります。中には特定の業種から出る特定の種類の廃棄物を産業廃棄物として規定しているものもあります。産業廃棄物の種類は法律によって具体的に次のようなものが挙げられています。

・灰や石炭がらなどの「燃え殻」
・工場や下水道などから出る「汚泥」
・廃タールピッチ、固形石鹸、廃潤滑油などの「廃油」
・廃硫酸や廃塩酸などの「廃酸」
・廃ソーダ液や廃アンモニア液などの「廃アルカリ」
・合成樹脂や合成繊維、発泡スチロールなどのくずの「廃プラスチック類」
・天然ゴムくずの「ゴムくず」
・鉄、ブリキ、トタンなどのくずの「鉄くず」
「ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず」
・高炉や平炉などからの残さいのうち有害なものの「鉱さい」
・工事や新築、建築物の撤去などによる「がれき」
・集じん施設によって集められた「ばいじん」
・紙製造や印刷業、建設業などから出る「紙くず」
・製造業や建設業などから出る「木くず」
・繊維業や建設業から出る「繊維くず」
・食料品や医薬品製造業から出る「動植物性残さ」
・と畜場や食鳥処理業で出る「動物系固形不要物」
・畜産農業などから出る「動物のふん尿」「動物の死体」
・上記の種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの

特別管理産業廃棄物の種類

 産業廃棄物の中でも爆発性のあるもの、毒性のあるもの、感染性があるものなど、特に人体や環境に何らかの被害が生じる恐れのある種類の産業廃棄物を「特別管理産業廃棄物」と呼んで区別しています。特別管理産業廃棄物には次のような種類のものが挙げられます。
・産業廃棄物の中で引火点が70度以下の燃焼しやすい種類の揮発油、灯油、軽油等の「廃油」
・pHが2.0以下の非常に腐食性の高い「廃酸」
・pHが12.5以上の非常に腐食性の高い「廃アルカリ」
・医療機関や研究施設などから発生する血液の付着したガーゼや注射針など、人体に感染する怖れのある病原体が含まれた「感染性産業廃棄物」
・廃ポリ塩化ビフェニルやポリ塩化ビフェニルに汚染された産業廃棄物、建築物から排出される廃石綿などや法律に規定された基準値を満たしていない有害物質が含まれた有害産業廃棄物など、特別な管理が必要な「特定有害産業廃棄物」。