一般廃棄物って何?

  

一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の廃棄物をいいます。家庭ごみに代表される一般廃棄物の処理は、ほとんどの場合は市町村によって収集され、処分されます。なお、事業活動に伴って発生した廃棄物であっても、産業廃棄物に該当しないものは、一般廃棄物となります。

 ただし、その収集方法や処分方法、処理能力は自治体によっても大きく異なり、自治体によっては廃棄物が処理し切れないなどの大きな問題となっています。

 なお、以前は家電製品などでも広く使われていたポリ塩化ビフェニルなど、産業廃棄物以外の廃棄物であっても環境や人体への影響が特に問題視されるものについては、「特別管理一般廃棄物」として一般廃棄物とは区別して管理されることになります。

 以前の一般廃棄物は紙類や生ごみが多かったため、焼却が最も適切な処理方法だと考えられていましたが、高度経済成長期以降、一般廃棄物の内容が多様化し、それまでの一律の焼却処分方法では環境への影響に問題が出始めたのです。そこで始まったのが、一般廃棄物の分別回収です。

一般廃棄物を分別する利点は、廃棄物の一部を有効利用することで廃棄物の量を減らし、廃棄物の焼却費用が削減されることと、環境保全が期待できることにあります。

しかし一般廃棄物の分別には様々な問題もあり、特にプラスチックなどのように細かい分別が非常に厄介なものも少なくありません。また、地方自治体によってはせっかく分別回収した廃棄物を一括処分しているケースもあり、新たな問題となっています。