電子機器登場から普及

   日本における電話事業は、1889年(明治22年)、東京~熱海間で一般公衆電話の取り扱い試行を経て、1890年(明治23年)東京と横浜に電話交換事務所が設置されました。
そこで、人の手による交換業務が開始されました。

 1952年(昭和27年)には日本電信電話公社が設立されました。戦後復興、高度成長期という時代背景もあって、電話需要は一気に高まり、そのなかで「申し込めばすぐつく電話」の実現が求められていました。またこの頃は、まだ交換手が電話を繋げているところもあって、まず「どこでもすぐにつながる電話」ということにプライオリティがありました。

 電話が普及するにつれ、日常での電話でのやりとりが増えていき、通話マナーなど電話利用に対する関心が高まっていきます。1981年(昭和56年)にはリーズナブルなファクシミリ通信網(Fネット)の利用が開始となります。様々な場面でファクシミリが使われるようになり、宛紙を書いたり、送信の前後に電話連絡を入れたり、ノイズが入っても読みやすいように太字で書くなど、ファクシミリに関しても利用に関するマナーが作られていきました。