電気設備の日常のポイント?

プラグ・コンセント

・こわれたプラグは取り替えましょう。
こわれたプラグやテーブルタップをそのままの状態で使っていませんか?
ぐらぐらしたり,曲がったり、壊れたままのプラグは感電・ショート・過熱の原因となります。すぐに取り替えましょう。

・プラグは、しっかり差し込みましょう
プラグの刃は、安全上必要な面積が計算して作られています。中途半端な差し込み方をしていると、やがてプラグは熱を持ってきます。完全に差し込んで使いましょう。

・プラグは正しく使いましょう
コンセントからコードを抜くときは、断線を防ぐためコードを引っ張らずに、プラグの根本を持って抜くように心がけましょう。

・トラッキング現象
プラグの刃と刃の間にたまったホコリに、湿気が加わると電気が流れ、その部分が過熱すると最悪の場合には出火に至ることもあります。流し・トイレなど湿気のある場所や、事務用品・実験機器の後ろなどホコリのたまりやすい場所にあるコンセントは、定期的に乾いた布やブラシで拭き取りましょう。

コード

・コードはていねいに扱いましょう。
事務用品・実験機器などの下に敷いたり、扉に挟んだり、曲げる、ねじる、束ねて使うなど無理な使い方をすると接触不良や漏電・発熱の原因となります。取り扱いは、丁寧に行いましょう。

・タコ足配線は、やめましょう。
テーブルタップから同時に何台もの器具を使っていませんか?
タコ足配線は、テーブルタップの安全限度をこえる電気を使ってしまいがちです。
電気器具が増えたら、コンセントの増設をしましょう。一つのコンセントから使える電気の容量は、一般的に15アンペアまでです。2口用、3口用もありますが、容量15アンペアには変わりありませんので注意しましょう。